ホーム >> マンガで学ぼう! >> タバコの害

総合学習や夏休みの自由研究に!

タバコの害「タバコはどうして悪いの?」

タバコがなかなかやめられない2つの理由

マナブくん(笑顔)

ニコちゃんパパは、タバコをやめようとしたことがあるの?

ニコちゃん(困り顔)

あるよ。うちのパパは、なんどか禁煙(きんえん)しようとしたことがある。でも、何回やってもダメ。イライラしたり、落ち着かなくなったり、頭が痛くなったりして・・・。いつの間にか、またタバコ吸ってる。

ドクター諏訪内(まじめ顔)

ニコちゃんパパは、ニコチン離脱症状(りだつしょうじょう)が強く出るタイプなので、なかなかタバコがやめられないんじゃよ。

マナブくん、ニコちゃん(笑顔)

エッ?ニコチン離脱症状(りだつしょうじょう)って、何?

ドクター諏訪内(説明顔)

いわゆる禁断症状(きんだんしょうじょう)のことじゃな。
タバコに入っている有害物質の1つ、ニコチンは脳(のう)に影響をおよぼすのじゃ。ニコチンはクセになりやすく、一度クセになると、ニコチン切れでイライラする、集中力がなくなる、頭が痛くなる、だるい、眠いなどの症状が出てくる。
これが、ニコチン離脱症状(りだつしょうじょう)じゃな。

イライラ・ねむい・タバコが吸いたい
ドクター諏訪内(説明顔)

タバコは知らず知らずのうちに、吸う本数が増えてしまう。そして、タバコがないといられないタバコ依存(いぞん)になるんじゃよ。依存(いぞん)とは、やめたくてもやめられないという意味じゃね。

マナブくん(笑顔)

タバコ依存(いぞん)について、もう少しくわしく教えて。

ドクター諏訪内(まじめ顔)

タバコ依存は、身体的依存(しんたいてきいぞん)と精神的依存(せいしんてきいぞん)の2つがあるんじゃ。
身体的依存は、体がニコチンを欲しがって、イライラしたり、朝起きてすぐに1本吸いたくなったりすること。精神的依存は、タバコを吸うことがクセになっていて、食後や仕事の休み時間、ひまなときなど、今まで吸っていた状況(じょうきょう)になると吸わずにはいられないということ。
この2つの依存で、タバコがなかなかやめられないんじゃよ。

ニコちゃん(まじめ顔)

イライラするだけじゃなくて、タバコを吸うことがクセになってるから、なかなかタバコがやめられなかったのね。

マナブくん(まじめ顔)

禁煙(きんえん)に成功するためには、この2つの依存と戦わないといけないんだ。
思ったより、大変なんだね。

ドクター諏訪内(笑顔)

ひとりでがんばるのは、ちょっと大変かな?というときは、ニコチンパッチやガムといった薬を使ってニコチン離脱症状をやわらげたり、禁煙(きんえん)しようとしている仲間とメールなどでお互いをはげましあったりする方法で、ずっと楽に禁煙(きんえん)できるようになっているんじゃよ。
でも、一番大切なのは、タバコをやめようという本人の意志(いし)なんじゃ。

文字サイズの変更

  • 小さく
  • 標準
  • 大きく